おおき日記

○×日記です。

ホームページ| 最新月全表示
2022年 8月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記
直接移動: 2022年 9月  8月  7月  6月  4月  3月  2月  1月  2021年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2020年 12月  10月  9月  8月  6月  5月  4月  3月  1月  2019年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2018年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2017年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  4月  3月  2月  1月  2016年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2015年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2014年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2013年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2012年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2011年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2010年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2009年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2008年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2007年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2006年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2005年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2004年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月 
2022/08/25 (木)  マウスピース法
 皆さん!質問があります。
  ”矯正治療は美容それとも医療のどちらでしょうか?”
 最近のTV、新聞広告などを見ていると、明らかに美容的な要素を含んだ広告になっています。よね!
 今までの矯正治療はあまりにも仰々しくて、よほど歯並びを気にしていない限り、容易に治療を始める気持ちにならなかったと思います。
 矯正臨床の歴史を考えると、歯一本一本に装置をつけて歯を動かしていくシステムが発明されておよそ100年以上が経ちます。もう100年以上も経ったので、革新的な治療法ができているのではと思われるのではないでしょうか。
 それが基本的な考え方は、ほとんど変わっていないのです。つまり歯一本一本に装置(ブラケット)を装着する方法は変わっていないのです。
 いや、そんなことはないでしょう!今は歯にブラケットをつけない透明のプラスチック製のマウスピースがあるではないですか!と言われるでしょうね。
 そうなんです!今、全世界で大流行しているのが、このマウスピースなんです。こんなに、高い矯正治療開始への壁を低くしたものはありません。
 しかし医療の立場からすると、この壁はそう簡単に低くすることは出来ません。
 つまり矯正治療の仕上がりを考えるとマウスピース法と一本、一本にブラケットを装着する矯正治療とでは別物だと考えて良いと思います。
 もっとも大きな違いは、マウスピースでの治療は、患者さん自身がこれを22時間以上/1日の装着が必要で、もしこれを守らなければほとんど効果はなく、その治らなかった責任は“そうですあなた!患者さん自身です”と主治医から言われるのです。これっておかしくないですか!!
 高いお金を払って、治らない場合、あなたに問題があります。それで治らなくても、お金は返すことは出来ません!こんなトラブルたくさん見てきました。
 このマウスピース矯正は、まるで居酒屋のような椅子と机だけの店舗で、口腔内カメラで歯型を撮り、それをパソコン上で模型に再現し、それを医療人ではなく、技術屋が画面上で歯を少しずつ動かしながら、最初から終了までの多数のシュミレーション画像を作り出し、それに合わせてマウスピースを作成し、それを患者さんに提供しているだけです。これは全く医療とは程遠いものです。
 それで今ではヤマト運輸会社はこのマウスプレート法を提供するまでになってい流のです。本当に真剣に歯並びを治し、良く噛めるようにしたいなら、しっかり調べて自分で良く考えて矯正治療開始を判断しましょう。
 また長くなりました!

2022/08/11 (木)  旦過市場の2度目の災害
 昨日、小倉の台所である旦過市場が2度目の火災に遭遇しました。こんなことがあるんだと皆さん思われたことでしょう。
 さらに先日の安倍元首相の銃撃も、こんなことが起こるんだと思われたでしょう。
 どちらも防ぐことは可能だったと思いますが、これはやはり運命ではないでしょうか。不謹慎ですが、人間にはどうすることもできない事が起こるものなんです。つまり人間がどうする事ができない運命だから、神の存在を信じてしまいます。
 神の存在と言うと、今、流行りの宗教がかってしまいますが、やはりこの世界は何かの力が働いているのでしょう。今をしっかり生きて生きましょうね!
  さて話は変わって矯正治療についてのアドバシス!
 歯並びを気にされている人はたくさん居られると思います。しかし[繕發高く、目立つ装置、痛みや長い治療期間を考えると矯正治療は大きな壁になっています。
 今はこの壁を低くすることで、患者さんを安易に矯正治療に誘い込む宣伝が蔓延っています。
 確かに⇔繕發安く、目立たない装置、痛みがなく、治療期間が短い矯正治療があればそれに越したことはありません。
と△龍裟擬N鼎了転紊りが同じであれば、それは△最高です。
しかし矯正治療は様々な人間を扱うため、そう上手くいくものではありません。
 様々な人間とは、その人それぞれの歯並びについて気にしていることが異なることで、さらにその気にする程度(大〜小)も様々なことが厄介なのです。
 その気にする程度が大きい人は、矯正治療の負担が大きくても乗り越えることは容易で、治療をプラス思考で進行することができます。
 しかし歯並びを気にする程度が小さい人は、負担の大きい矯正治療についていくことは難しいのです。
 今、流行りのマウスピース矯正と言って透明なプラスチックを装着する矯正治療?が蔓延っています。これは歯並びを気にする程度の小さい人にとっては、飛びつき易い治療?です。しかし言っておきますが、この装置は、大学で教育している矯正治療の結果とは程遠い治療です。大体、歯並びが治れば良いと思っている人にとってはそれで良いのかもしれません。
 どんな職業でもプロフェッショナルは、素人が思っているさらに上を提供することが仕事です。
 本当の矯正治療は、歯並びを綺麗にすることはもちろん、良く噛めるようにすることです。良く噛めるようにしてあげることで治療期間の短縮、歯並びの後戻りを防ぐことができ、顔貌も輝かせることが可能です。
 ここまでの治療を望まれる人は本格的な矯正治療を行っている歯科医院を選択することを勧めます。
 ただ、言っておきますが、積極的に矯正治療を勧める歯科医院は要注意です!

Copyright © 2004 DigitalNetWorks Corporation. All rights reserved.