おおき日記

○×日記です。

ホームページ| 最新月全表示
2024年 6月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記
2024/06/02 虚しい人生!
直接移動: 2024年 6月  4月  3月  2月  1月  2023年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2022年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  4月  3月  2月  1月  2021年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2020年 12月  10月  9月  8月  6月  5月  4月  3月  1月  2019年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2018年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2017年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  4月  3月  2月  1月  2016年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2015年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2014年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2013年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2012年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2011年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2010年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2009年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2008年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2007年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2006年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2005年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2004年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月 
2024/06/02 (日)  虚しい人生!
 最近、矯正歯科について記載しませんでしたので、今日は少し苦言を申します。
 先日、知った事ですが、大学でのカリキュラムに体育が組み込まれていないそうです。歯科大に体育なんて必要なんですか?と問われるかもしてませんが、厳しい大学受験を乗り越えてきた学生さんです。身体を動かす事を忘れています。入学後、体育系のクラブ活動に参加している学生はなんとか運動の機会はあるでしょうが、どこにも所属していない学生はそのまま6年間運動すること無しに歯科医師となっていきます。さらに歯科医師の仕事は椅子に座っているため、身体は少しずつ歪み、筋力も衰えていきます。
 歯科大学に入学した最初の2年間だけは強制的に体育を行うことは重要なことだと思います。嫌でも様々なスポーツを経験し、その中で少しでも興味が出れば最高だと思います。
 さらに専門課程に入った時点で、今までは歯形彫刻というものを行います。これは分解された立体写真を観ることで、実際に学生は四角柱の石膏を彫刻刀で、様々な歯を削り出す実習です。この実習は歯科医師として患者さんの歯を触るのですから、立体的な形を頭の中にしっかり焼き付ける必要があります。これは机上の勉強ではなく、実際に手を使った実習ですから、明らかに起用、不器用が出てきます。それで初めは慣れませんので、削り出した歯の形は芋のような形になるため、私たちは芋彫りと言っていました。
 その実習が7年ほど前から、担当の教授が定年で退官されたことで無くなっていたのです。なんと言うことでしょう。国家試験を合格した学生さんに大臼歯の上から観た絵を描かせたら、全く歯の形になっていなかったそうです。
 皆さん、そんな歯科医師に自分の歯の治療を診てもらいたいですか?
 やっている時は無駄のようなことでも、続けることで体や頭に沁み込んでいくのです。
 それが職人というものです。職人と言えば、宮大工や刀鍛冶など身体で覚えたことをさらに磨いていく人達です。歯科医師も良い職人でありたいですね。
 今は国家試験に合格するための大学と化しています。つまり資格だけを持った歯科医師です。人間味のない、お金のためだけに働く歯科医師が増えて来ました。
そんな人生、虚しいだけです!


Copyright © 2004 DigitalNetWorks Corporation. All rights reserved.