おおき日記

○×日記です。

ホームページ| 最新月全表示
2022年 12月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記
直接移動: 2023年 1月  2022年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  4月  3月  2月  1月  2021年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2020年 12月  10月  9月  8月  6月  5月  4月  3月  1月  2019年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2018年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2017年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  4月  3月  2月  1月  2016年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2015年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2014年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2013年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2012年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2011年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2010年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2009年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2008年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2007年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2006年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2005年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2004年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月 
2022/12/31 (土)  2022年 大晦日 
 2022年も今日で終わりです!今年もおおき矯正歯科は無難に終わることができました。
何を持って無事なのかな? 患者さんへ良い治療の提供できたことと良いコミュニケーションが取れたこと、さらに私もスタッフも健康であったことですね。
 つまり楽しく診療が出来たことです。
 今の世の中、どんな職業も経営が中心になってしまい、お客案への良いサービス、商品の提供がおろそかになっているように感じます。
 確かに経営がうまくいかないと会社自体が繁栄していきませんが、その前にお客さんを幸せにすることが先に来るべきで、それに伴って営業がうまくまわっていくのが最良だと思います。
 来年もおおき矯正歯科は、まずそれぞれの患者さん一人一人に、良い治療を提供し、私も神座さん共に、楽しい時間を過ごしながら治療を終えて行きたいと思っています。
 治療を終えた時に患者さんが喜んでいる顔を見ることが、私たちの生きがいです!
 皆さん、来年もまたよろしくお願い致します!
 

2022/12/22 (木)  古典落語!
 先日、古典落語を聴き機会がありました。テレビやユーチューブ、レコードなどでは落語聴いていましたが、初めて生の落語を聞きました。
 会場はやはりお年寄りが多く、ほぼ満席でした。雪のため少し遅れて始まりました。
お年の落語家はだんだん口の周りが悪くなり、落語が聞きづらくなるもので、私たちも耳も悪くなる傾向にある中、ますます、内容が読み取れず、笑う機会をなくすことになります。
 しかし今回の落語家は、第一声が済んだ声でよく聞き取れ、安心しました。
落語家は高座に上がる前まで、話す演目は決めていないそうで、最初、世間話から、お客の年齢や話の反応を探りながら、お客に合いそうな演目を決めるそうです。
 今回は古典落語ですので、落ちで笑うこともなく、逆に涙を誘うお話でした。
 本当に目の前に、そのひとが居るかの如く、一人一人の個性を出しながら話を進めて行く姿はやはり芸術家だと感じました。
 テレビではお笑いを誘う落語が囃されていますが、こんな古典落語も絶対に残さないと行けないと思った次第です。
 一度、皆様も機会があっtら、近くで開催されている落語にちょっと首を突っ込んでみてください。きっと人生が広がると思いますよ。

2022/12/08 (木)  すごい夢!
昨日、すごい夢を見ました!聞きたいですか?
 北朝鮮のドン、金正恩が急に私の横に来て、馴れ馴れしく話しかけてくるのです。少し私も調子に乗って、彼の頭を叩いたりなんかして!その時、心のそこでは、”あー粛清されるかも”と! その後、彼は私に”俺の代わりに指導者にならんか”なんて言ってきました。
大変、びびってしまいました。
 夢はそれまで! なんでこんな夢を見たんでしょう! 不思議です。

Copyright © 2004 DigitalNetWorks Corporation. All rights reserved.